初心者がフレンドを増やすには

フレンドについて

初心者のみなさまはもしかするとなかなかフレンドが増えないとお困りではないでしょうか?

特に星のついた強豪チームともなるとほとんど断られてしまっているのではないかと思います。

フレンドになると常時フレンドチームが使用しているデッキを見ることができ、対戦できるようになります。

特に強豪チームのデッキは何度も検証を重ねた末の配置であり、ポジションにも選手に付けているスキルにも必ず目的があります。

その強豪チームのデッキの意味を理解できるようになってくると、一気にサカつくシュート!の腕が上がります。

しかし、裏を返せば強豪チームにとってフレンドになるということは企業秘密を漏らすということでもあります。

また古くからいる有名チームになればなるほど、フレンドの数は多く、フレンド枠が100人までしか増やせないという制限のため、フレンドリクエストを断らざるを得なくなっている状況です。

自分事として考えてみてください。もしあなたが強豪チームの監督だとして、すでにフレンド枠が一杯の状況で、明らかに初心者と思わしきチームからフレンドリクエストが届いたらどうするでしょう?

古くから研鑽を重ねてきた仲間やライバルチームをフレンドから外してその初心者をフレンドに加えるでしょうか?

 

強豪チームとフレンドになってもらうには

とにかくあなたのチーム名を覚えてもらうこと

これにつきます。

そのための方法をここで3つご紹介いたします。

 

①ランクインする

 

選手権でも、対抗戦でも、タイムアタックでも、なんでもいいのでとにかく10以内に入りましょう。強豪チームほど誰がランクインしているかをよく確認しています。

もしあなたが10以内にランクインした直後にフレンドリクエストを送れば承認してもらえる確率は一気に上がります。

 

 

 

②Twitter始める(おススメ)

とはいえ、ランクインするのはフレンドになってもらう以上にハードルが高いことかもしれません。

そこでおススメするのがTwitterを始めることです。

実はサカつくシュート!の強豪チームの多くはTwitterで日夜情報交換をしています。

もしあなたがTwitterを始めて強豪チームの監督と親しくなれれば俄然フレンドになってくれる可能性が増します。

また強豪チームのみなさんは、チームの強さと裏腹にとても親切で優しい方が多いです。

そこで、ぜひアカウントを開設して、サカつくシュート!ユーザーを片っ端からフォローして「初心者なので色々と教えてください」とつぶやいてみましょう!

きっと多くの強豪監督さんからフレンドになっていただきアドバイスをもらえるはずです。

 

③Mirrativ配信を視聴する

ブログも熱心にやられている麻布十番さんBAN甲府さん、そして最強クラスのランカーの1人虹パンさんは最近Mirrativで試合の様子などを配信しています。

www.mirrativ.com

ミラティブ配信には強豪チームの監督さんも多数出入りしているので、ぜひアカウントをつくって中継を視聴してみましょう。きっとお近づきになることができるはずです。

最後にもう1つだけおススメなのが、自分のブログを始めてみることです。これに関してはすでに当方4日目にして実績を上げております(笑)

詳細は前記事をご覧ください。

フレンドはレジェンド

sakatsuku-challenge.hatenablog.com

 

※以下追記

フレンドリクエスト送付時のマナー

フレンドリクエストが届いたときは、送り手のキーマン監督プロフィールを見て承認するかどうか決めるわけですが、肝心の監督プロフィールを閲覧不可にされている方が少なくありません。

f:id:sakatsuku_challenge:20190204095410j:image

監督プロフィールを見られない場合、キーマンとプレイヤーレベルのみで判断するしかなく、判断材料が少な過ぎてお断りされる可能性が高いので、非常にもったいないです。

何度もランクインされているような有名チームはともかく、特に初心者のうちはプロフィールは誰からも見られる状態にしておきましょう(そもそも人に見られて困るような秘密事項は何も記載されていません)

プロフィールの閲覧は、一般的な社会人が初対面の際に名刺交換してあいさつするのと同じようなものだと考えてください。

監督プロフィールを閲覧不可にしてリクエストを送るのはいわば、自分だけ名刺を出さずにあいさつしているようなものです。

ちなみに私は存じ上げないチームの方からのフレンドリクエストで監督プロフィールを閲覧不可にしている場合、申し訳ありませんが拒否するようにしております。

最低限のマナーとしてフレンドリクエストを送るときはプロフィールを閲覧可にしてから申請するようにしましょう。