今さら聞けない対抗戦

数か月ぶりに対抗戦がやってきました!

実は無課金チャレンジFCとしては初めての参加となります。

今回はそんな対抗戦について今さら人には聞けない攻略法をお話いたします。

 

そもそも対抗戦とは何か?

そもそも対抗戦とは何か? というと、参加者が複数のチームに分かれてポイントの多寡を競うという大会です。

今回でいえば、レアルマドリードとバルセロナという2チームどちらかを選び登録して、総ポイントの多いチームが優勝になります。

 

勝ち馬に乗れ!

1位と2位では最終的にもらえるゴールドバッジに5枚も開きが出てしまうので、特にただ参加するだけのチームの場合は1位になるチームで登録しましょう。

では2位チームに登録するメリットはないのか? というと、実はもちろんありまして、

今回の対抗戦でいうと2位チームに所属しているチームは2日目と3日目の開始から30試合までにもらえるポイントが2倍になります。

これはかなり大きなアドバンテージです。例えば1試合の総ポイントが5千ポイントだったとすると、倍の1万ポイントがもらえてしまうのです。

しかも今回は2日目、3日目と合計で60試合もポイント加算されるので、特に個人でポイントを伸ばしたいという方は2位チームに登録するようにしましょう。

 

登録は速報を待ってからでも遅くない

といっても自分自身が登録するまでどのチームが優勢かを確認できません。

そこでおすすめなのが、まずは対抗戦がスタートするまで登録を控えて、対抗戦が始まったらすでに登録している方からどのチームが優勢かを聞くという方法です。

でもいったい誰に聞いたらいいのか?

実はそこがサカつくシュート!がソシャゲであるということを再認識させられるタイミングでもあるのですが、Twitterをやっていると必ず誰かしら対抗戦開始5分もすれば速報値を教えてくれます

またTwitterやられていない方でも、5chで有名な速報屋さんという鹿児島の監督さんがいつも速報をお伝えしてくれますので、そちらで確認するのもいいと思います。

自分の登録チームが決まったらいよいよ対抗戦の始まりです。

 

効率のいいポイントの稼ぎ方

一度でも対抗戦に参加したことがある方はご存知だと思いますが、上位陣ともなると最終的に数百万ポイントもの数値を叩き出しています。

そんなポイントを稼ぐにはさぞかし試合をしているんだろうな、と思って戦績をのぞいてみると、意外なほど勝ち星が少なくてまた驚く、なんていう経験をされた方が少なくないのではないでしょうか?

私も強豪チームの対抗戦の戦い方を知るまではそうでした。

そこで上位陣の対抗戦デッキを研究して物まねしてみることにしました。

そして最終的に行き着いたのがこんなデッキです。

対抗戦で高得点を出すために大事なポイントは3つあります。

①ボーナス値の高い選手で得点・アシストする

②速やかに失点する

③GKにはボーナス値の高い選手を

 

①ボーナス値の高い選手で得点・アシストする。

上記のデッキでいったときに、最初にキックオフからバックパスを出すのがパナッチ、パスを受けるのがスキレッチになります。

まずキックオフと同時にシュートボタンを連打します。するとスキレッチがそのままシュートを打つか、コウチーニョ、パナッチにパスを出してどちらからがシュートを打ちます。

そこで1点入れば、100数十ポイントが入ります。

ということで、シュート機会がある前に配置した3選手には必ずシュートスキルを付けましょう。

もちろん決定率極大シュートがあれば理想ですが、なければ特大でも大幅アップでも大丈夫です。

とにかくシュートスキルが発動するようにしましょう。

 

②速やかに失点する

得点をとった後はなるべくスムーズに相手からゴールを決めてもらいましょう。そのためにこのデッキでは相手が攻撃を仕掛けてくる右サイドを意図的に開けてあります。

相手がキックオフから速やかにドリブルで駆け上がりシュートを決めてくれれば、早ければ数分でまたこちらのキックオフからリスタートすることができます。

後はまたこちらがゴールを決める、失点する、ゴールを決めるを繰り返すだけです。

上手くいけば最大で9得点を上げることができ、配置する選手にもよりますが1試合で1万ポイント以上の高得点を上げることができます。

 

③GKにはボーナス値の高い選手を

実は試合後に獲得できるボーナスポイントはGKが最も高くなっています。

そこで、得点に絡むボーナス値の高い3選手の次にボーナス値の高い選手をGKに配置しましょう。

また効率よく失点するために、必ず本職ではない選手をGKにしましょう。

お伝えし忘れておりましたが、ボーナス値が付与されている選手は選手一覧でソートして確認することができます。

選手一覧から[並び順]→[獲得ボーナス]にすると、

このようにボーナス値の高い順で並び替えることができます。

 

フィーバータイム

対抗戦期間中はフィーバータイムというポイントが1.5倍にアップする時間帯があります。

その時間帯に試合ができる場合は積極的にフィーバータイムを活用しましょう。

特に2位のチームの場合、2日目、3日目にフィーバータイムで試合をすれば最大で基礎ポイントから9倍ものポイントを獲得できます。

 

対抗戦時のマナー

ここまでの記事をお読みいただき、対抗戦ではいかにキックオフゴールと失点を効率よく繰り返すかが大切かということをお分かりいただけたかと思います。

相手チームに得点を取ってもらえないとこちらのポイントも伸びないという性質上避けた方がいいことがいくつかあります。

①ビビり系パスを入れない

対抗戦に限っては相手をビビらせてもいいことはなに1つありません。また対抗戦の選手にまでビビり対策をしていないことが多いので、マナーとしてビビりパスを持った選手は対抗戦時は外すようにしましょう。

たまに対抗戦でビビりパス持ち選手を複数入れいているチームを見かけますが、正直対戦相手から嫌われるだけで何の得もありません。

 

②サプレッション系シュート持ち選手を入れない

これもビビりパスと同じ理由ですが、相手のスキル発動率をダウンさせても特にいいことはありませんので、スキル発動率ダウン系のシュートをもった選手はスタメンから外しましょう。

 

③爆走系ドリブル持ち選手も入れない

とくに右サイドを開けているチームが多いので、左サイドバックの選手に爆走系ドリブルを持たせていると面白いようにスキルが発動します。

しかし、対抗戦に限っていえば相手のスタミナを削っても特にメリットはない上に、スキルが発動すると試合の進む時間が遅くなってしまうので、これまた対戦相手から嫌がれる行為の1つです。

爆走系ドリブル持ち選手もスタメンからは外すようにしましょう。

あくまでも対抗戦はポイントを稼ぐ大会だということを理解し、以上の3点をマナーとして守りましょう。

ご自身の育てたチームの強さを発揮するのは選手権だけにしておきましょう。

 

スターを狙え

全体順位で100以内に入ることができればスターを獲得でき、チーム名の横に星のマークが出るようになります。

まだ星がないというチームはぜひ1度は100以内入賞を目指すことをおすすめします。

星が1つついているだけで、ずいぶんフレンドになってもらえる確率や選手をレンタルしてもらえる確率が上がります。

それではみなさま上記の攻略法を活かして、対抗戦でのそれぞれの目標を達成してみてください!