4ヶ月ぶりのランクイン

本アカウントが1月の無制限大会以来実に4ヶ月ぶりにランクインしました!

あれ、なんかチーム名変わってないか? とお気づきになったかも多いかと思います。

実はちょうど1月ほど前に隠居することを決めまして、Twitterもやめて、今までフレンドだった方を全て解除いたしました。

大変遅くなりましたが一方的にフレンドを解除してしまい申し訳ございませんでした。

 

そもそもなんで急にTwitterをやめたり、フレンドを解除したかというと、うちのフレンドはほぼ全チーム強豪の方でした。

100人のフレンド中無制限ランカーが3割、複数回ランクインされている方が9割、Twitterをやられている方が9割ぐらいの割合でした。

毎回選手権でランクインされる方の7割がフレンドです。

特に4月の無制限大会ではランクインされた11チーム中なんと10チームがフレンドでした。

ゲーム内でいえばとても恵まれた状況で、うちも強豪フレンドのデッキやスキル構成を真似したり、対戦したおかげで飛躍的に強くなりました。

それはとてもありがたいことでした。改めましてありがとうございました。

一方で考えました。おそらく私の強豪フレンドのフレンドもまた強豪で、特にTwitterをやらている方は相互にフレンドとしてフォローしているんじゃないか? と。

そうすると、強いチームだけがますます強くなり、強豪のフレンドがいないチームと差が広がる一方なのではないか、と。

もちろんそれはごく自然な流れだと思うのですが、初心者向けの攻略サイトを運営している人間としては正直面白くないなと思いました。

 

そこで、フレンド枠が100空いた後は、レベルが低いチームや明らかに始めて数日のチームともフレンドリクエストが来たら片っ端からフレンドになっていきました(プロフィール閲覧不可になっている方は除く)。

そこで分かったのは、始めて日が浅い方でもかなり課金されて選手・スキルを集めている方がいるということです。

まだまだこのゲームは捨てたもんじゃないなと思う一方、残念ながらフォーメーション、スキル構成がもったいないことになっていて、結果はまだ出ていないようでした。

自分自身の経験からも、最初のうちはとにかく完全に物真似でもいいので、強いチームと同じようなデッキを組んでみることをおススメします。

そこからデッキの意味が分かるようになってくれば一気に上達します。

 

ということで、

強豪とフレンドになっている方は、ぜひ色々と盗んでみてください。

そしてフレンドマッチで対戦できるので、ぜひ試合してみてください。

 

またゲーム内でうちの本アカウントを発見してフレンドリクエストをお送りいただいた場合は、プロフィール閲覧が不可になっていない限りは基本的にお断りしません。

ただ1週間以上ログインされていない場合などは容赦なくフレンド解除いたしますので、予めご了承ください。

また先日無課金チャレンジFCが「タイムアタック9位にランクイン!」したときに本アカウントはさらに上位にいて(当然ながらサブアカより成績は上でした)、特に古くからのフレンドの方は気づいて速攻でリクエストをお送りしてくださいました。

一方的に解除しておきながらリクエストをお送りしていただき、とてもうれしかったです。この場を借りてお礼申し上げます。

というわけで、この1ヶ月ほどは上記のようなことを考えてゲームを遊んでおりました。

ご理解いただければ幸いです。

 

さて、話は振り出しに戻りまして、今回の選手権です。

実は生意気にもコスト制限大会というものに参加したのは、ゲームを始めて1年半の中で初でした。

なんでかというと、低レアリティの選手にスキルをつけるのがもったいないと思っていたからです。ただの貧乏性です(笑)

しかし、貧乏性ゆえにメインデッキの選手につけるには弱いけど捨てるにはもったいないスキル在庫がコーチ、ミサンガなど合わせて200個ぐらい各所に眠っていることに気づきました。

今回は在庫一斉処分もかねて星1選手に大幅アップ、特大アップ系のスキルを付けて大会に臨みました。

また先日のウルトラチケットでデル・ピエロを獲得できなかったことも今回G1に参加することを後押ししてくれました。

またデッキを組んだ後に気づいたのですが、星6のマンティリをベンチキーマンに置くとちょうどコスト250になりました。

もしマンティリをフル限凸できていればG2に参戦していたと思うので、これも結果オーライでした。

大会自体はこんなデッキで挑みました。

攻撃は完全に左攻めに特化しました。

ジョルジーニョのドミネイトチアパス、バッジョのメロウデトックスパスで崩壊させて、マルディーニが爆走で左サイドを駆け上がり、クロスからインシーニェがゴールを決めるという形です。

しかし、キーマンの関係からサプレッションシュートなどのスキル発動率ダウン系シュートを1つも入れられず、相手のスタミナを削ってゴールを決めたたものの、相手のキックオフ直後にすぐに回復されるという展開がかなり多くありました。

大会期間中に、デルピエロがいればと何度も思いました(笑)

そして今回の大会最終日はとにかく「引きがよく」強いチームから順番に抽選されているんじゃないかと疑惑をいだいたほどでした。

ここまでで10戦(笑)

そして、今朝起きてランクボードを見たら、対戦したキコさん、ビスマルクさん、TRIUMPHさん(OMAMOさんでしょうか?)が一緒にランクインされていました。

いやー、みなさん強かったです!そしておめでとうございます!

そして、コスト制限大会が想像以上に面白かったので、次の機会もぜひ参加したいと思います。

 

また自分で参加してみて分かったのですが、コスト制限大会はとくに初中級者におススメです。

というのも、コストに制限があるため強豪との差が付きにくいのと、要所にしか強い選手を置けないため、「攻撃の型」をつくる訓練として最適だからです。

コスト制限大会のデッキである程度デッキが組めるようになれば、当然ながら無制限デッキはさらにできることも増えます。

ぜひチャレンジしてみてください!

 

長くなりましたが最後までお読みいただきありがとうございました。