無課金チャレンジFC3ヶ月目の提案

先月当サイトでご提案いたしました新規ユーザーに対して「Man of the選手」を配布する件を早速ご採用いただきました!

(詳細はこちら→ 3つの提案

実は、4月2日の更新で「フレッシュマンキャンペーン」を発見したときは1人で大喜びしておりました。

改めて運営のみなさまにはこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました!

そして、2匹目のドジョウを狙うべく以下の記事で再度ご提案があります(笑)

 

①乱入戦についてのご提案

前回の記事でも書きましたが、無課金チャレンジFCを約3ヶ月間運営してきてかなり中だるみしてきております(笑)

というのも始めてからレベル200ぐらいまでは一気にレベルが上がり、初心者ボーナスもあって急速にチームを強化できるのですが、選手権に出場できるほど国籍、クラブ、属性を揃えられないため、日々のアリーナとデイリーミッションを消化することぐらいしかやることがなくなり、目標がなくなってくるからです。

もちろんそんなユーザーを飽きさせないために、乱入戦、フレンド選手権、対抗戦、リーグイベントなどを間髪入れず開催していただいていることも重々承知しております。

ただ現状では特に今年から始まった乱入戦については改善の余地があると思っています。

 

使えるスキルはワールドツアーで取れるように

乱入戦は現状、獲得できる「使えるスキル」がワールドツアーではなく、テクニカルツアーに集中していることが多いため(乱入戦第1弾ではエクセレントタックル、第2弾ではサファーグロリアスパスカット)、実際に最もスキルを必要としている初級者がスキルを得られないという問題があります。

ご存知の通り、テクニカルツアーも選手権同様、属性、国籍、クラブを揃えたデッキをつくらなければ進めることができず、結果的にスキルがほしい初級者ほどスキルを得られないという事態になっております。

そこで、例えば乱入戦の特級だけをテクニカルツアーに配置して、それ以外はワールドツアーにするなどの措置をお取りいただけると、より必要な人に必要なスキルが行き届くようになると思います(そして、乱入戦を周回するためにパスユーザーになる人も増えるのではないかと)。

 

パス課金のすすめ

一方で、初心者におすすめなのがパスユーザーになることです。

我がチームの場合は「無課金チャレンジ」ということでやっているためできませんが、初心者の方はもしこの辺りまで遊んでみて面白いと思うようでしたら、一度パスユーザーになってみてはどうでしょう?

特に最近は月に1回程度ある「乱入戦」でかなり優秀なスキルも獲得可能で、パスユーザーになっているとTPの面で大きな優遇があるのでおすすめです。

 

②レベル分け選手権についてのご提案

レベル分け選手権はとてもいい試み

最近レベルで区切った選手権が増えてきました。

先日の日本国籍限定大会ではレベル150以下、レベル85以下の選手権が開催されました。

個人的にこの試みはとてもいいことだと思っています。

というのも、なにを隠そうえちご盆地FCは、2017年の年末にあったレベル100以下大会で選手権に初参加、初優勝をしているからです。

あまりにも嬉しかったので、大会直後に生まれて初めてソシャゲに課金してしまいました(レギュラーパス)。

その後、半年近く選手権には出場するのも難しく、出ても地域本選止まりだったのですが、それでも続けてこれたのは、もう一度選手権でランクインしてみたいという気持ちがあったからだと思います。

ということで、初心者の方に早い段階でランクインの喜びを知ってもらうというのはとても大事です。

 

レベル分け選手権の問題点と改善策

ただレベルの分け選手権には3点工夫の余地があると思います。

 

①レベルの分け方

昨年の仕様変更で、レベルアップした際にTPが上限999まで回復するようになったこともあり、その気になればレベル180ぐらいまでは数日で上げることが可能です。

レベル85以下はもちろんなんですが、レベル150以下でも出場できるチームは限られてきてしまいます。

むしろやる気のあるチームほどとっくにレベル150を超えてしまっていて参加できないのが現状です。

そこで、レベルを分けるのであれば、レベル200以下、レベル250以下で選手権を開催するのがいいと思います。

レベル200以下は始めてから1ヶ月以内の方、レベル250以下は半年以内のユーザーにとって格好の目標となるはずです。

 

②選手権のレギュレーションは無制限に

また現在レベル215の無課金チャレンジFCでも現状組めるデッキというのは、スペイン国籍限定しかありません。

レベル200以下のチームではさらに至難の業だと思います。

改めて強調すると、初心者にとって選手権は出場すること自体が難しいのです。

そこで、先ほど提案いたしましたレベル200以下、レベル250以下の大会に関しては無制限大会にするのが望ましいと思います。

 

③レベル分け大会のトロフィーについて

先日のレベル制限大会では全国大会であるにもかかわらず既定の試合数を消化していないチームまでがランクインしてしまいました。

これは上記①、②を実行していただけば出場チーム数も増えて、改善できることだと思いますが、ただ並み居る強豪を押しのけてG1でランクインしたチームと数試合しただけでランクインしてしまうレベル85以下大会のチームが同じトロフィーをもらってしまうというのは違和感があります。

先ほどもお話した通りえちご盆地FCも開始数週間で金トロフィーをいただいたのですが、その後銅トロフィーを獲得するまで半年近くの時間を要しました。

正直その半年間は自分のプロフィールに燦然と輝く金トロフィーを疎ましく感じました。

プレイ歴が浅いにもかかわらず金トロフィーを取っているチームがいたら、他の監督さんからしたら間違いなく気になります。そして中身を見たらなんだそんな大会かってことになります。

自分の場合はいつかG1で金トロフィーを取ろうという励みにつながり、結果的にその後実現できたのですが、でもそもそも、レベル制限大会についてはトロフィーの色をG1と同一にしなくてもいいんじゃないだろうかと思います。

例えば、レベル250以下大会でランクインしたら銀トロフィー、レベル200以下大会でランクインしたら銅トロフィーがもらえるということにしてはどうでしょう?

これなら他のユーザーも納得感があるように思います。

 

ということで、最も目標を見失いがちなプレイ歴2か月から半年ぐらいのユーザーが目標をもってゲームを楽しめるようにレベル250以下の選手権を開催してみてはいかがでしょうか?

どうぞまたご検討いただけると幸いです。

また他のユーザーみなさまからも忌憚のご意見をお聞かせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です