FWランキング

ゴールを決めるのが仕事のFWランキングは、実質的に強力なシュートスキル・ランキングとニアリーイコールになっています。

 

1位 ロナウド(スペシャルメルカート)

昨年はこの選手の登場によりゲームバランスが大きく崩れました。

このロナウドで初めて登場した「革新キーマン」と01スキルのサプレッションシュートによって、停滞していたピエモンテを一気に最強クラブへと導きました。

能力的には最強クラスの選手に見劣りしますが、それを補って余りある破壊力があるということで1位に選出しました。

 

2位 メッシ(PP2017)

この順位にPP2017メッシがくることに疑問を持つ人も多そうですが、現状フル覚醒・限界突破すれば、依然としてゲーム内最強の能力を持つ選手です。

オフェンス系能力はもちろんですが、パスカットやタックルも基礎値で1300以上あり、前線からの守備も十分期待できます。

また01スキルがドリブルということもあり、後付けで強力なシュートを付けられるのも魅力の1つです。

肝心の01スキルであるメシアスパーフェクトドリブルは取られやすいという声もありますが、どっこい本家メッシが使うと面白いように抜けますので、ぜひ一度お試しください!

 

3位 ロナウド(PP2018)

同じ選手は同ランキングに入れないつもりでしたが、こちらも無視できるないぐらい強力な選手なので3位に入れました(今後1位になる可能性大)。

レアル・マドリードをメインデッキにされている方からすると最後のロナウドということもあって、ほぼスタメンに入っています。

とにかく01スキルのミソロジカルシュート、その覚醒後のレジェンダリーシュートは凶悪で、今後ますます多くのチームを苦しめることになるでしょう。

 

4位 カバーニ(18-19シーズンLF)

 

パリ、国籍ウルグアイのデッキを使っているチームが少ないので、イマイチぴんとこない人も多いと思いますが、全FWの中ではロナウド、メッシに次ぐ能力と、サプレッションと同じく相手のスキル発動率を大幅ダウンさせるコリーダブルシュートを持つ強力なストライカーです。

 

5位 パウロ・ディバラ(18-19シーズンLF)

 

メルカート・ロナウドの相棒として1番多いのがこの方、パウロ・ディバラじゃないでしょうか? 能力的には前述のカバーニと並んで3番手集団の一角。

ディバラもメッシと同じく01スキルがドリブルということもあり好きなシュートを付けられるのが魅力です。

ちなみにリスペクトブルードリブルはメシアスパーフェクトドリブルの普及版ですが、こちらも取られやすいという報告をよく聞きます。